太極拳女子を応援します  護身術

「女性の護身術にもなります」

なるような気もしますし、ならないような気もします(笑)。一般的なイメージですと、やはりパンチやキックで急所へ一撃KO!してダッシュで逃げる・・・という感じだと思います。

相手が油断しきっていれば有効かもしれませんが、少なからず警戒状態にあれば、そうそう急所に当てさせてくれません。しかし 太極拳では、それこそ突き蹴りよりも優先し、大事なことがあるのです。

太極拳o0267026613477791863

目指す境地は「相手の枕をおさえる」By宮本武蔵

結論から言ってしまうと、大事なのは「息を止めない」こと。そして「気配を感じる」ことです。
「何だ、そんなことか」と思われたかもしれませんが、これがほとんどの人は出来ないのです。特に「平和ボケ」しすぎて権利意識に満ち溢れた現代の日本人には難しいと思います。

人は何かに驚いてしまったり、虚を突かれてしまったときに「ハッ」とか「キュッ」とか、息が詰まってしまうと、もう終わりです。腰が入らないどころか身体が硬直して動かないし、呼吸は浅くて心臓はドキドキ、脳神経系もパニックになります。行動不能状態といっても差し支えありません。

そこまでいかなくても、ストレスを感じたり、怒りを抱えたりすると息が止まらないまでも極端に浅くなります。それに従って、身体はカチカチになります。

また、対人などでこちらが「怒りMAX」状態であれば呼吸はどうあれ身体は動くのですが、太極拳の技はほとんど使えなくなります。呼吸と脱力が伴わないからです。

太極拳o0464046313478462212

無駄な力みもなく、スッと立っています。

まさに武士たる心得である「肚が座っている」というヤツでしょうね。かつては日常的に腰と肚を使い、精神力を高め、粘り強さ、持続力、集中力を鍛えるのが日本の伝統的な身体文化でした。解剖学的なものが「腹」で、そうではない仮想臓器が「肚」と考えてください。

 

一方の「気配を感じる」というのは、文字通り相手の接近や存在を感じ取ることですが、それだけではありません。相手の雰囲気や感情、相手との精神的・物理的な距離感(まさに間合い)の調節や取り方。まさに「君子危うきに近寄らず」。このあたりは第六感にも関係あるでしょう。脳みそでキリキリと考えた結果ではなく、自分の「身体」、全身の「細胞」がすでに感知している異変を素直に受け取るためなのです。もちろん「気配が読めない」ことからくる「油断」「侮り」も命取りです。

 

世界では「ニンジャ」として知られる忍術・古武術流派「武神館」の初見先生が弟子に課す試験のひとつに、背後からの一刀を躱すというのがありますね。当会ではやっておりませんのでご安心ください。

めいそうimg_0

ほかには隙を生まない、付け入らせない自然体の身のこなしも大事ですね。

付け入らせないというのは「壁」を作るのではなくむしろ自然体に任せて、透明感に満ち溢れる感じでしょうか。

 

 

それら護身も含めた観点からいいますと「歩きスマホ」は「愚の骨頂」です。
(個人的にもアレは運気を下げる・・・というか無駄遣いな行為だと考えております)

かつて戦国時代の日本を訪れたスペイン宣教師フランシスコ・ザビエルは日本人ほど理性に従う人民は世界中で逢ったことがない。その文化・礼儀・作法・風俗・習慣はスペイン人に優る」と述べていますが、それも肚を養う文化の賜物のひとつでしょう。

 

「夏」に向けて ~ダイエットは難しいの巻~

「ほんまち教室(初級太極拳)」6月入会すると入会金無料キャンペーン実施中です。
20日の19:30~21:00です。

ギリギリになっても見学・体験受け付けております。直接お越しになられても大丈夫です。
この機会に是非。

 

********************

あちらこちらで「ダイエット」「やせる」の文字が躍る時期になりましたね。フィットネスから食品、はてはアロマやツボ押しにいたるまであらゆる興味がそれに集約されています。

太極拳 r_10

悩み多き季節

もちろん太極拳もみなさんのダイエットと美容のお役に立ちたいと思います。

 

しかし、人間は本来的に、

 

太極拳 00009_jpeg

・痩せるようにできていない

・運動なんて嫌い

・寿命が短い

 

人間も霊長類ヒト科の生物です。この枠を抜け出すことはできません。

人間だけに限らず、多くの動物は脂肪を蓄え、飢餓に備えるようになっています。実際、いったん「痩せ癖」がついてしまうと元に戻らず死んでしまう生き物もいます。

 

太極拳8AEnwVTvJaVDuPl_22971

おなかが一杯になったら、運動なんて無駄なことをしません。消化や脂肪に変換することに専念します。また、下手に動くことは外敵に狙われたり無用なケガをするなど、命取りになります。

医療技術の発達で新生児の死亡率が劇的に下がり、また昔なら死ぬ病気で死ななくなり、人間の寿命が異常に数字だけ伸びています。数字だけが伸びて中身が追いついていないのか、様々な「弊害」が生じています。もっとも、その弊害が生じても生きていける時代というのもありますが。

 

いかにダイエットというのが大変か、よく分かります。

 

太極拳は、どうしてもその性質上、劇的にやせるということはありません。

また、本気でやってしまうと初心者が次から来なくなる鍛錬もありますので(笑)、そこはなかなか選択が難しいところでもあります。

 

太極拳の場合、目立って数値が減るということはありません。
また、筋トレを推奨していませんので、単純な筋量増加にはつながりません。

 

 

太極拳debbf9fc7e3acb6909ee0fc790243683

重要で必要な筋肉の代表格です

※筋肉そのものはあるにこしたことはありません。
しかし、太極拳の技法や理合の学ぶにさいしては身体のあらゆる個所に連動する「動き」を目的とするので、一般的な筋トレはそれを妨げる可能性が高いとしています。また、初級~中級の場合でも筋肉の収縮だけによる動きから脱却するためにお勧めはしていません。
太極拳 iStock_000038957304_Large

その代り、無駄な力みが取れたり、姿勢がよくなったりするので、立ち居振る舞いがシャキっとします。そうするとだらしな~い印象が減少します。

〇重心がしっかりする→体のブレがなくなりますので、まっすぐに歩くことができます。

〇腰の位置感覚が変わってくる→スムーズな足運びになり、ノシノシ歩きが解消されます。
また、腰のラインが上がるので足を長く使えます。

〇頭がきちんと首に乗り、肩がストンと落ちて首が伸びる→デコルテラインがきれいになる。

〇体幹を使えるようになる→猫背の解消

これだけでも随分と人から見た目が変わってきます。ここまで出来れば身体の方も徐々に慣れてきますので、締まった身体に変化していくと思います。

 

もうひとつ、ダイエットのひとつのコツとしては「隠さない」ことです。つまり己の姿を徹底的に自己認識することが必要です。自分の身体のボディラインを前後左右隈なくはっきりと確認し、感じ、認めることです。開き直りではありません。

 

これは太極拳の普通の練習でもやることで、周辺視などがその初歩的訓練といえるでしょう。

アンチエイジングの秘訣 「素直さ」

「身体の固さ」よりも「アタマの固さ」が足を引っ張る

・・・と書きましたがこれは本当に厄介です。

 

太極拳IMG_3233

ほんまち教室にて

 

新しいものに対する猜疑心、理解・実行できないことに募る不安、失敗への恐れ。
受け入れられないんですよね。結果、「我を通す」。
それをまた認めたくないものだから他人へ責任を転嫁してしまう。

はっきり申し上げてしまえば、「老い」の漂う中高年に多いパターンです。
防衛することに必死で、心が一歩も外に出られません。
常に千変万化する世の中に生きる以上、心の停滞は腐敗を生み、腐敗は病を招く結果となります。
太極拳IMG_2671

なんば湊町教室にて

 

単純な話、逆のことをすれば良いのです。
新しいモノを取り入れる、異なる意見を受け入れる、反発しない、我流に陥らない、固定観念に捉われないetc・・・
一朝一夕にできることではありません。
しかし、これらを心掛けることこそが、おそらく相当のアンチエイジングになると思います。
アタマの中身(≒精神)が、まるで細胞が代謝するようにドンドン新しくなっていくのですから、
それに伴う肉体への影響も相当なものだと。

逆に、自己の経験、築き上げた自負心もあり、異なる土俵においても一から学ぶ姿勢がない。
これは決定的に伸びないパターンです。

 

どれほどの経験があってもそれにしがみつかず、固執せず、
新たに学ぶことで驚くほど上達することも珍しくありません。

T師範は還暦を超えていますが、年齢相応に様々な武歴をお持ちです。
入門当初は50代でした。それなりに古傷も抱えておられました。
武歴や今まで得てきたモノをおくびにも出さず、李老師や他の高弟とともに黙々と練習を続けてこられました。

当初の技の固さもなくなり、今では柔らかさ、しなやかさを伴う技前です。
「力なんて要らない」ことを体現していますが、筋トレはとっくに止めています。
それでも体格は衰えていません。 古傷や身体の方も相当改善しています。

太極拳IMG_3181

なんば教室にて 李老師の指導

 

太極拳には日常動作がありません。
たとえば前に進むにしても、見た目は同じですが中身の「歩き方」が異なります。
だから「歩法」というのです。

それはまったく未知の、新しいことです。
そういう点では太極拳に入門するだけで「新しいモノを取り入れる」ことを
しているわけです。

そして、非日常動作をやるので当然ですがいきなり出来るわけもありません。
先生の言う通りやっているけど「ちょっと違う」みたいなことばかり言われる。
戸惑いや逡巡、不安など様々な芽が出てきます。
その芽の大きさや数こそが「アタマの固さ」の原因でもある「自我」を表すものだと思ってください。

摘み取って捨てていけばいくほど、いっしょに「老い」も捨ててると考えれば良いと思いますよ。

 

■ 見学等、中央式太極拳へのお問合せはコチラからどうぞ。