オトナの習い事 「武道」

オトナのたしなみとしての武道という選択肢。

武術には驚くほど物理や心理、人体生理学を利用した技術体系、奥深い哲学があり、大人になってからそれらに触れてみるとまた違った見方や楽しみ方が分かるようになってきます。子どもの頃の習い事、学生時代の部活とはまた異なります。そして武術というのは「足し算」ではなく「引き算」がコンセプトなのです。

 

学校でも会社でも、場合によっては仲間内でさえも「引き算」はネガティブなものとして捉えているところが多いと思います。付け足せ、増やせ、大きくしろ・・・・・・そこに幸福があるかのように。

そしていつか、それに潰されてしまうのです。

太極拳の授業でも、あれもしなきゃこれもしなきゃで頭が大変になっている初心者も珍しくありません。教える側としては「基本の立ち方で立っているだけでいい」「へそを右、左で動かしているだけでいい」とアドバイスするのですが、ついついあれもこれもになってしまうのは自分が「何かの不足」を感じてしまっているからだと思うのです。
それはある意味「欲」なのです。

 

太極拳をはじめとした武術は、余計なものをドンドンと省いていくのが最大の目的。「力抜いて~」「肩を上げないで~」「吸うんじゃなくて吐いて~」「打とうと考えないで~」「余計なこと思わないで~」「思ったら次の瞬間忘れて~」etc・・・・・・・。いわば自分の「断捨離」です。それは肉体的な面を経て、精神的な面にたどり着きます。

捨てて捨てて・・・本当の自分「真我」に行きつくその時まで。

マインドフルネスなどでもそのあたりは基本なのですが、太極拳はそこに「立って歩く」という人間の生活動作を元にしている「動的瞑想」でもあり、日常に引き戻されやすくてちょっと難しいけれど、その分、日常に還元が多くなされます。もちろん「気」を意識的に体内で巡らせ、あるいは身体動作を使って外気と内気との交流をすることも可能です。

これをご覧いただいてお分かりの通り、女性でも男性に劣ることなく斬っていると思います。剣は筋力だけで斬るのではありません。個人的な所感をいえば、女性の方がもともと筋力に頼らない分、上達が早いかな~と。

 

ちなみに理屈だけならストローク無しに刀を巻き藁に接した状態で斬ることも不可能ではありません。

 

 

 

自分の人生って何だろう? と思っている人は多いとも思います。
自分の人生の目的の追求に戻りたいと感じる人は多いけれど実はそこに本当の自分を見出せる人は少ないと思います。(とても大事なことだけど)お金を稼ぐ「手段」のみに追われる生活で終わってしまう。振り回されてしまう。わかっているけど人生の目的が見えない混迷から逃げ出すことが出来ない。だからなおさら、その場しのぎの享楽(快楽)にお金を費やすことしかできない悪循環にハマってしまうわけです。

心ある人は、このような不全感を感じているからこそ、メリットを越える価値を得て、それを第一原理とはしない生き方をしている人への憧れが生じると思います。たとえばの話ですが「新選組」などの武士に対する強い憧憬となるのは、彼ら武士は享楽的で自分のメリットしか考えない弛緩した生き方の対極にあるわけで、「死」そのものを忘れようとする現代人の対極にあります。幕末の武士とか、あるいは戦国武将に対する熱を帯びた共感は、ある意味において心根が堕落しきっていない証拠であると思います。

「マインドフルネス」や「禅」などの普及を見てもそのあたりの不全感を解消しようという動きはあると思います。

 

第5回中央式太極道総合演武会③ 個人の部

②からの続きです。

その①前置き
その②団体演武
実行委員会:統括からのコメント①
実行委員会:撮影・記録からのコメント②

 

第2部は個人演武です。

※それぞれのタイトルはプログラムからの抜粋そのままです。

●至純の乾:【形意五行拳 模範型】
「基本を極めれば奥義に至る」との言葉通り、形意五行拳。その型をあますところなく楷書から草書まで流すことなく着実丁寧に模範を示す。それが模範型です。

IMG_4121a こ

太極拳 こ 形

〇嘉悦の兌:【龍形八卦連環掌】
映画「グランド・マスター」で世に広まった八卦掌。めったに見られない樋口師範の八卦連環掌。重心の落ち着きが風格を醸し出します。孟子の言葉『直にして倨らず、曲にして屈せず』の武術的表現です。

IMG_4112a こ

太極拳 こ 八卦

●栄耀の離:【純陽剣 蚩尤の巫舞(しゆうのふぶ)】
当会の型の中でもトップクラスに位置付けられているのが純陽剣。純陽剣の型を披露する前に、特別な衣装に合わせて軽いアクション(武術考証:浅野による)を行いました。

IMG_4106a こ

 

演者:小林まり 企画・演出・武術考証:浅野博一 アシスタント:橋本拓也 撮影:瀧谷寛治

BGM1:「ALICE MADNESS RETURNS」より(曲名失念)
BGM2:雅楽

IMG_4107a こ

演武コンセプト:「キングダム」原泰久@集英社(ヤングジャンプ連載中)。 同作品より「羌瘣(キョウカイ)」に扮しての演武。 古代中国・戦国時代末期の秦国武将。

〇鳴動の震:【二十四枴(短棒術)】
剣術や棒術を組み込んだ護身的総合武器術が二十四枴。4段からなるシンプルな武器術です。枴(かい)とは鉤状になった杖のことで、本来的にはステッキや杖、傘で行います。

太極拳 こ 二十四

IMG_4120a だ

 

●薫風の巽:【太極剣】
純陽剣に並ぶ秘奥剣。李老師の太極剣は非公開。おおよその型の順番と流れは覚えましたが、全体的に習得度合いは3割ほど。

IMG_4119a こ

〇瞑想の坎:【形意 十二形拳】
形意五行拳の上に位置する動物形象の型。それに瀧谷師範の経験や考察などを織り交ぜたオリジナルに近い十二形となっています。十二形はアレンジや自分の好みを反映させやすく、素材的ですね。

IMG_4118a こ

太極拳 こ 十二

●不動の艮:【龍形八卦游身掌】
当流儀の演武会では李老師のみ演武。武と舞は表裏一体・紙一重であることを再認識させられます。

IMG_4117a こ

 

IMG_4125a こ

 

〇地母の坤:【太極拳模範型 組演武】
型の実践模範。仕手:小林講師  受け:浅野師範

IMG_4123a こ くみ
約束組み手とはいえ、きちんと技の道理が通っていないと技がかかりません。仕手も程よい緊張感で集中しますし、受けもしっかり受けないと怪我をするのでどちらも大変です。

 

IMG_4122a こ くみ※「攬雀尾」における「採」からの崩しと投げ

 

このような組み演武や対練は一般的なスパーリング的な攻防の応酬が目的ではありません。求められるのは「勝つ」ための工夫ではなく、技の理合を試し、学ぶことを主眼とします。「勝とう、負けまい」「上手くいった、失敗した」といった意識に依ってしまうとまともな技から離れ、変形した、癖のついた技になってしまいます。そうではなく「型」に含まれる技の理合を真正面から捉えて、自分の技を試し、無上の仕上げに至ることが求められます。

 

太極拳 こ 集合

李老師をはじめ総勢8名によって行われた個人演武。終了後は演武者全員で舞台に立ち、観客の皆さんにに改めての挨拶と御礼を申し上げました。

演武終了後は李老師より総評をいただきました。

IMG_4066a 総評

 

IMG_4068a 総評
太極拳は「武術」(=武技、健康、芸術にいたるまで総合的なマーシャルアーツ)であること。
継続することが力になること。
心身がツライときほど太極拳(鍛錬)をすることetc。

・・・といったお言葉で締めくくられました。

 

IMG_4070a 閉会

そして閉会の言葉として樋口師範にまとめていただき、無事に終了の運びとなりました。

 

今回は長々と書いてしまいましたが、最後までご覧いただきましてありがとうございます。

また次回の演武会でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

・・・・・・・終了後。

IMG_4077a おわり後片付けを終えて、一息。時間に余裕があったのでしばし談笑。

 

 

 

 

 

 

大会を終えて楽しみになのは打ち上げです。この日は皆さん、少々お酒の量も多かったかもしれませんね。
大会の話、太極拳の話も盛り上がりましたがそれも最初くらいなもので、後はもう・・・(笑)。

IMG_4080a

『自ら伐(ほ)めず、故に功有り。自ら矜(ほこ)らず、故に長(ひさ)し』

謙虚さこそが成長とその永続の秘訣です。

第5回中央式太極道総合演武会②  団体の部

先日に行われた伊勢神宮・神嘗祭ですが黒田清子様が祭主就任後、初の祭祀だったようですね。いよいよもって「禊雨」です。

 

いざ本番。

当日の午前はデッサン会(おって記述)。
デッサン会が終わるとすぐさま準備に取り掛かります。

第5回目ともなると仕度も準備も馴れたもの・・・・・・と言いたいところですが、さにあらず。
けっこうバタバタします。
私は音響機器の操作の練習をしたいのですが、いちおうチラチラとフロアを見るとアレはどうなったかな?コレはどうしたんだろう?と気になる処がありまして、統括に指摘。そうしたら今度は司会・進行がアレが無いコレが無いと私に言ってくる。すると司会・進行に他の会員さんが私は順番どうしたらいいの、どこに立てばいいのとわらわらと聞いてくる・・・・・・・。こんな感じです。

IMG_4065a

Myぷれいす

一見、無造作な感じですが音源CD,進行表やタイムスケジュール、テープなどの備品の配列に
寸分の間違いもありません。
1ミリでも動かされると発狂する「分かるように置いている」アレです(笑)

 

開場寸前の実行委員は皆「あ”~~ッ!」みたいな感じです。
なので、ご観覧者の方々は早く来ていただいて手持無沙汰だとは思いますが開場前に突入されてくると現場が余計に混乱するのでオトナの配慮でご遠慮ください。

 

IMG_4064a

代表挨拶 李鴻儒老師

そんなわけで代表挨拶もそこそこに状況が開始されたわけですが、会場の構造上、出入りがなかなか綺麗に決まらないのが悩みですね。ドヤドヤっとドアのあたりに集まって、ズラズラっと出てくる。いずれは舞台袖があったり、控室があったりする舞台でやれる日が来ると信じております。

IMG_4110a だ

団体演武 その1「左右搬攔」のシーン

いわゆる「団体演武の部」はもっとも太極拳らしいですね。団体で型をやる、ただそれだけですがこれはこれでやってみると意外と良いものです。老若男女や体力を問わず、誰でも気軽に演武できるのがとても良いと思います。

 

IMG_4115a だ

団体演武 その2 「摟膝拗歩」のシーン

今回は5クラスのうち、3クラスが「十字手まで」という演目。「十字手まで」というと、1番目から14番目という基本型のことを指します。時間も5分くらいで収まり、初心者から師範・老師まで対応できるとても良い段ですね。

IMG_4109a だ

 

団体演武 その3「左琵琶勢」のシーン

ただ、3回も「十字手まで」。

・・・飽きます?

さにあらず。意外にハプニングがあったり、立ち位置などで先生と生徒のやり取りが面白かったり、音楽の係の人が4回も演武に出てきたり(出たがりではない)、同じ内容では決してない妙味があります。

IMG_4116a だ

団体演武 その4 「起勢」のシーン

その一方で団体演武に「五郎棍」を含めたのは新企画です。今までは個人の部だけでしたが、こうやって団体の部で観るとまた違った雰囲気が出たと思います。IMG_4114a だ

今回団体演武としては初登場の「五郎棍」。
スペースの関係上、四尺の棒を使っています。

 

IMG_4113a だ

後半の「上步左蓋把」か「踢腿左挑棍」あたりでしょうか?

ちなみに「五郎棍」ですが、北方謙三の小説「楊家将」でもおなじみ、楊家の楊五郎延徳の名が冠されている棍術です。

 

団体の部が終わり、理事長挨拶と休憩を挟んで先生方の紹介に移ります。

IMG_4128a あいさつ

浅野博一理事長 挨拶

この時、一番手の司会が姿を消して二番手の司会にバトンタッチしました。副司会を導入したのも今回が初めてです。負担軽減もありますが、個人演武の支度のために必要でした。台本があったものの、ほぼぶっつけ本番で挑戦してくれた副司会のお二人、TさんとNさんには感謝です。

IMG_4059a きゅうけい

休憩中にあれこれ。個人演武の順番や音源の再確認。機材のセッティングも。
小林講師は個人演武の準備のために姿を消す。

③へ続く。

その①前置き

その③個人演武
実行委員会:統括からのコメント①
実行委員会:撮影・記録からのコメント②

■ 見学等、中央式太極拳へのお問合せはコチラからどうぞ。