8/25 丹道気功講習会2

日時:8/25(金)(1930)1945~2100
場所:なんば湊町ビル2F

会員:\5000(約2か月後のレポート提出で¥2000キャッシュバック)
2回目の人:¥2000
ビジター:¥10000
ビジターの方は事前申し込みが必要です。サイトのトップにあるメールフォームからお申込みください。

**************

(以下、加筆・再掲載分です)

「丹道」は李老師と知己の間柄にある胡坤壬老師が開いた養生・鍛錬法です。
胡老師は太極拳はもちろん、食鶴拳や八極拳なども修め、道教などの研究もされています。
以前に来日された時に当会の師範・講師陣や何人かの会員さんが講義を受けましたが、このように公開講座を設けるのは初めてです。

十七の功法をもって上・中・下丹田を開き、心身の改善を図り、感覚を高めるものです。
それに「座禅」を付随させることで、さらなる精進を求めることも可能です。
もちろん講義では座禅もやります。座禅もまた、よくあるお寺の講習のものとはちょっとだけやり方が異なると思います。

胡老師は60代ですが、お顔はツルツルのテカテカ。
身体は壮健そのものです。

講義を受けた瀧谷師範曰く「次の日に腹の中身が全部出た」。
私も妙に通じが良くなる感覚はありました。一種のデトックスでしょうか。

「丹道」は難しい内容ではありませんが、感覚をつかむまではすべての功法をやっていただくのがベストです。ある程度の期間を経て感覚を掴んでしまえば、その中からチョイスして実行しても効果はあります。
(ただし、一日に何回もやりすぎない)

そのあたりのコツも瀧谷師範から伝授してもらいます。

今回は簡単なレポートを提出してもらえればキャッシュバックということですが、こちらとしてもデータが得られるので大変有難いですね。
2月に開始して、4月の春には心身ともに一新することができますよ。

%e5%a4%aa%e6%a5%b5%e6%8b%b3139595313_624

〇お持ちいただくもの。
(いずれもあれば、です。無くても構いません)

座ったり、脚を伸ばしたり、動きやすい服装はもちろんですが、
・500mlの水(できればお白湯か常温)。

・タオル  服の上からになりますが、動きだけでも覚えるためにあれば良いかと。
無くても構いません

・座布団(二つ) 座禅をするときにあれば便利かと思います。
一枚は敷いて、もう一枚はお尻の下に入れると座禅が楽です。
無くても構いません

・メモ

※丹道追補 マインドフルネスと禅