自重トレーニング的「ツライのが良い」

李老師もA師範も異口同音に

「ツライのが良い」といいます。
立禅にしても単練にしても呼吸にしても型にしても。

太極拳Taki-gyo_8118084

まぁ『良薬は口に苦し。』といったところでしょうか。

いつもの基礎練習でも自分のさじ加減でツラくもできるし、楽にもできる。
ツラくした方が効き目はあるのですが・・・・・・。
(インナーマッスルや骨格に働きかけることなので、余計に)

 

たとえばですが、太極拳はゆっくりやるから優しい、高齢者でも大丈夫。
・・・といったことが言われていますが、これ、本気でゆっくりやったコトない人です。

実際に、本当にゆ~~~っくり型(套路)をやると、多くの人はついていけません。
呼吸も心も乱れまくります。
そういう意味では「お年寄り向き」というのはウソですね。

実はお年寄りの方がどちらかというとそこそこのテンポを好みます。
要するに早さと勢いで誤魔化すんです。

というわけで、立禅以上にやらないのが本当のゆっくり太極拳。

さて、「ツライ」といってもどうツライかというと、負荷をかける感じでしょうか。
といっても「痛い」のとはまた異なるわけで・・・ここがとても難しいのです。

身体の信号としての痛みはよろしくありませんが、それはそれで不都合の信号なので、
なんとかしなければならない。
そこで、痛みならばそれを「労る(いたわる)」ようにする。
労るけれど、決して庇わない。

庇う動きと労る動きは異なるのです。

庇う動きは、その痛い部分をまったく動かさず、1ミリも負担をかけず、周りが必死になって動くので、
ものすごい負担になります。これは良くない「負担」。
これは脳神経にも多大な負担がかかります。
動く時に常にそこに神経が行くようになり、余計なメモリを消費してしまうのです。
また「庇い癖」がつき、以前のようなパフォーマンスには戻りません。

労る動きというのは、その痛い部分をほんの少し、痛みがあるかないか程度でも動かそうとする。
周りはそれを助けるように動く。あるいはその部分を周りに馴染ませるように動く。
あるいは痛くない方向などを見つけて、そこに力を通していく。
機能的に復帰させるようにベクトルが働くので、庇う時とはまた脳神経の働き方が異なるのですね。
以前とは違うアプローチ、あるいは100%ではないにしろ、かなりの部分でパフォーマンスは回復します。

太極拳 iStock_000038957304_Large

痛い部分を庇ってばかりいると、痛みが減るどころか増える一方で、
ついには太極拳どころか、運動すらも怖くて何もできなくなってしまうのです・・・・。