第5回中央式太極道総合演武会③ 個人の部

②からの続きです。

その①前置き
その②団体演武
実行委員会:統括からのコメント①
実行委員会:撮影・記録からのコメント②

 

第2部は個人演武です。

※それぞれのタイトルはプログラムからの抜粋そのままです。

●至純の乾:【形意五行拳 模範型】
「基本を極めれば奥義に至る」との言葉通り、形意五行拳。その型をあますところなく楷書から草書まで流すことなく着実丁寧に模範を示す。それが模範型です。

IMG_4121a こ

太極拳 こ 形

〇嘉悦の兌:【龍形八卦連環掌】
映画「グランド・マスター」で世に広まった八卦掌。めったに見られない樋口師範の八卦連環掌。重心の落ち着きが風格を醸し出します。孟子の言葉『直にして倨らず、曲にして屈せず』の武術的表現です。

IMG_4112a こ

太極拳 こ 八卦

●栄耀の離:【純陽剣 蚩尤の巫舞(しゆうのふぶ)】
当会の型の中でもトップクラスに位置付けられているのが純陽剣。純陽剣の型を披露する前に、特別な衣装に合わせて軽いアクション(武術考証:浅野による)を行いました。

IMG_4106a こ

 

演者:小林まり 企画・演出・武術考証:浅野博一 アシスタント:橋本拓也 撮影:瀧谷寛治

BGM1:「ALICE MADNESS RETURNS」より(曲名失念)
BGM2:雅楽

IMG_4107a こ

演武コンセプト:「キングダム」原泰久@集英社(ヤングジャンプ連載中)。 同作品より「羌瘣(キョウカイ)」に扮しての演武。 古代中国・戦国時代末期の秦国武将。

〇鳴動の震:【二十四枴(短棒術)】
剣術や棒術を組み込んだ護身的総合武器術が二十四枴。4段からなるシンプルな武器術です。枴(かい)とは鉤状になった杖のことで、本来的にはステッキや杖、傘で行います。

太極拳 こ 二十四

IMG_4120a だ

 

●薫風の巽:【太極剣】
純陽剣に並ぶ秘奥剣。李老師の太極剣は非公開。おおよその型の順番と流れは覚えましたが、全体的に習得度合いは3割ほど。

IMG_4119a こ

〇瞑想の坎:【形意 十二形拳】
形意五行拳の上に位置する動物形象の型。それに瀧谷師範の経験や考察などを織り交ぜたオリジナルに近い十二形となっています。十二形はアレンジや自分の好みを反映させやすく、素材的ですね。

IMG_4118a こ

太極拳 こ 十二

●不動の艮:【龍形八卦游身掌】
当流儀の演武会では李老師のみ演武。武と舞は表裏一体・紙一重であることを再認識させられます。

IMG_4117a こ

 

IMG_4125a こ

 

〇地母の坤:【太極拳模範型 組演武】
型の実践模範。仕手:小林講師  受け:浅野師範

IMG_4123a こ くみ
約束組み手とはいえ、きちんと技の道理が通っていないと技がかかりません。仕手も程よい緊張感で集中しますし、受けもしっかり受けないと怪我をするのでどちらも大変です。

 

IMG_4122a こ くみ※「攬雀尾」における「採」からの崩しと投げ

 

このような組み演武や対練は一般的なスパーリング的な攻防の応酬が目的ではありません。求められるのは「勝つ」ための工夫ではなく、技の理合を試し、学ぶことを主眼とします。「勝とう、負けまい」「上手くいった、失敗した」といった意識に依ってしまうとまともな技から離れ、変形した、癖のついた技になってしまいます。そうではなく「型」に含まれる技の理合を真正面から捉えて、自分の技を試し、無上の仕上げに至ることが求められます。

 

太極拳 こ 集合

李老師をはじめ総勢8名によって行われた個人演武。終了後は演武者全員で舞台に立ち、観客の皆さんにに改めての挨拶と御礼を申し上げました。

演武終了後は李老師より総評をいただきました。

IMG_4066a 総評

 

IMG_4068a 総評
太極拳は「武術」(=武技、健康、芸術にいたるまで総合的なマーシャルアーツ)であること。
継続することが力になること。
心身がツライときほど太極拳(鍛錬)をすることetc。

・・・といったお言葉で締めくくられました。

 

IMG_4070a 閉会

そして閉会の言葉として樋口師範にまとめていただき、無事に終了の運びとなりました。

 

今回は長々と書いてしまいましたが、最後までご覧いただきましてありがとうございます。

また次回の演武会でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

・・・・・・・終了後。

IMG_4077a おわり後片付けを終えて、一息。時間に余裕があったのでしばし談笑。

 

 

 

 

 

 

大会を終えて楽しみになのは打ち上げです。この日は皆さん、少々お酒の量も多かったかもしれませんね。
大会の話、太極拳の話も盛り上がりましたがそれも最初くらいなもので、後はもう・・・(笑)。

IMG_4080a

『自ら伐(ほ)めず、故に功有り。自ら矜(ほこ)らず、故に長(ひさ)し』

謙虚さこそが成長とその永続の秘訣です。