歳月は皮膚に皺を、情熱の消失は心に皺を  アンチエイジング

大阪市立美術館「壺中之展」を観てきました。

%e5%a4%aa%e6%a5%b5%e6%8b%b3%e3%80%80kochunoten-930x450

個人的には、橋本関雪(1883~1945)の「唐犬」。うーむ、これ以外印象に残っておりません。
というより、これを観に行きましたからいいのです。

 

帰りに近くのオシャレな観葉植物ショップ「ベジープラス」(母体は赤松種苗店)に寄り、ひょっとして「魔玉(多肉植物の一種)」ではないかと思われるモノを発見。通販でも買えますが、一度くらいは現物を見て買いたかったので探していたのです。

 

%e5%a4%aa%e6%a5%b5%e6%8b%b3%e3%80%80%e9%ad%94%e7%8e%89

参考画像
ここまでキリッとした良品が欲しいなぁ・・・

お店の人に調べてもらったのですが、表記している学名と魔玉の学名が異なるようで・・・・でも、よく似てるなぁ(近似種が多い)。しかし「魔玉」だったらその名前で売るだろうし・・・・・。ま、失敗しても痛くない金額なのでひとつだけ買って帰りました。

 

植物は日本ハッカとゲンノショウコくらいしか興味がないのですけど、こういう変わったモノは好きですね。

 

 

さて、知的好奇心というのはアンチエイジングにおいて大きなポジションを占めると思います。
私の場合は、こういう変わったモノ、珍しいモノ、ほかの人があまり知らないモノに大変興味を惹かれます。

 

道具等の関係でいえば今ならば「温湿度計」で良いモノ、洒落たものが欲しいですし、自転車だったら今でもリカンベントが欲しいです。神社仏閣の歌碑にもふとしたことで(四次元言語としての日本語)興味も沸きましたし、大阪の真田丸跡(と言われる場所)も観てきたいです。これは地形効果(地の利)ですね。

もちろん太極拳だって、やれどもやれども尽きぬ道です。
千変万化する応用。極限まで集約した軸。やれることは多いです。

同じことのように思えますが、 型を覚えること、綺麗に動くことが大事なのではなく、自分の身体を再発見、新発見することが肝要です。今度の八卦掌セミナーに向けて予習していると、ふと新たな発見もあるわけです。それをまた皆さんにシェアするわけで、それがまたお互いに感性への刺激になって・・・・良い循環になってくるのです。

 

 

どんな人にだって、興味や好奇心はあると思います。それは人それぞれです。

こういうことの基本は、孤独を恐れない事、です。ほかの人がどう言おうが、どう反応しようが気にしないことです。自己満足で良いのです。他人ばかりを信仰していると、好奇心や若さはどんどん摘み取られていくだけですから。

ただ、傍若無人とは違います。常に自分は人の間にいるのです。でもそれに縛られることも、迷惑をかけることもありません。そういった社会的常識をふまえた上での大人の話です。

 

 

 

サミュエル・ウルマンの「青春」から

 

青春とは、人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。

若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、安易(やすき)に就こうとする心を叱咤する冒険への希求がなければならない。

人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。

歳月は人間の皮膚に皺を刻むが、情熱の消失は心に皺を作る。

悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。

六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。

人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。

自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。

希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。

自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、その人は若いのだ。

感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。

そのような人は神のあわれみを乞うしかない

 

原文

   Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.

No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being’s heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.

 

you are yang as your faith, as old as doubt ;
as young as your self-confidence, as old as your fear;
as young as your hope, as old as your despair.

So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite so long as your young.

When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.

Given to Mc carthur some years ago by John
W. Lewist is based on a poem written by the late
Samuel Ullmann of Birmingham, Ala.