武器術クラスを終えて

12月31日 午後10時24分
最初の人間が、大脳新皮質、特に前頭葉を発達させて、シンボルや言葉を使うことができるようになった。

同日    午後10時54分
石器つまり道具を使うことが普及。

 

「宇宙カレンダー」という、宇宙の歴史であるおよそ137億年を一年に短縮してわかりやすくした概念・仮想暦です。1月1日が「ビッグバン」で、太陽系・地球の創発が8月31日(46億年前)になります。

道具を使えるようになったのが12月31日の午後10時54分ごろ。第一の技術革命です。

脳が発達したから道具を使えるようになったのか、道具を使うようになったから脳が発達したのか。
火と道具の使用によって人類は「パンドラの箱」を開けたともいえるでしょう。

人にとって欠かすことのできない道具。武器という道具の使い方の技術体系である武術。
その学びは大変有意義であると思います。

 

 

今回の主眼として、
武器を扱うことにより、太極拳や形意拳、八卦掌で培った勁力、技術の体現、体感。
動作に精密さを追求する。
より体幹を強化する。
武器を持つことで重心変化があり、よりバランス感覚を磨く。
間合い、緊張感を実感する。
その緊張感の中で脱力を試みる。

太極拳 ぶきIMG_3825

〇武器術 二十四拐 先行実験クラス

基本、型 橋本講師
応用、打ち込み 瀧谷師範

 

〇基本ワーク

・棒を持つことによる重心変化を感じる
・棒を身体の一部にする
・先端、末端から動く
・グラウンド・ワーク

〇打ち

・9種 素振り
・左右正面打ち(型)から、実際に打ち込み

〇型
・二十四拐 正面受けからの右側面打ち

 

参加者(女性)からはやはり「打ち込み」がやりがいがあるとのこと。瀧谷師範の指導で腕力に頼らない重い打ちができるようになったが、やはり日ごろの練習の成果だという。

太極拳 ぶきIMG_3826

今回は短棒なので片手操作である。何も持っていない方の手がカウンターパートであるという意識を持ってもらえればもっと精度が上がると思われる。また、型については時間の関係であまりできなかった。しかし、見栄えがするという点ではそれなりに興味を持ってもらえたと思う。

 

グラウンドワークでは地面を寝転がるような動きをしてもらったが、その際に軽いめまいを生じた参加者がいた。
「三半規管」とバランス感覚の関係性は言うまでもないが、現代人の三半規管の低下を鑑みると技術の向上や健康増進において意外に注目すべき点ではないかと思う。

 

太極拳 ぶきIMG_3827

いちばん驚いたのはやはり打ち込みで女性の参加者が棒をへし折ってしまったことだろう。
ちょっと柔らかい感じの棒だったとはいえ、一撃でパカッと折れてしまった。
もうひとりの女性の参加者も竹の棒にヒビをいれている。

 

武器術クラスの開講、制定を急ぎます。