夏越の大祓を過ぎて

6/30は「夏越の大祓」でした。1年を二つに大別した古来の考え方では、6月30日、つまり「六月晦日」は12/31の「十二月晦日」に対応して、上半期の最終日に当たります。

その六月晦日も、神に年の前半の無事を感謝し、収穫までの後半年の無事を祈るための物忌みの日、祓いの日と考えられました。かつて朝廷では十二月晦日と六月晦日の年二回「大祓い」の神事が行われていました。「祓い」は古神道の基本とも言える作法で、大祓いの本来の意義は重要な正月、そして七月の「祖霊迎え」の行事を前にして、物忌みを行うことでした。12月の年越しに対して6月は夏越(なごし)と呼ばれてます。

あちこちの神社では夏越祓いの方法として「茅の輪くぐり」が有名です。今では7/31までやっているところもあります。ほかには「人形(ひとがた)」に穢れを移して水に流す方法などもあります。

 

今年は「夏越の大祓」というわけにはいきませんでしたが、一年の節目として、その前日に氏神さまへ正式参拝してまいりました。本殿に上がり、玉串料を納め・・・上半期の無事の感謝を捧げてまいりました。