単脚功のたつじん  ”スサー”

先日の外丹功の先行講座も終わり、次いで木曜日の本部教室でも皆で軽く単脚功をやってみました。

単脚功というのは文字通り、片足で立って、もう片方の脚を振って行う功法です。
ちょいと難度が高めですが、まぁ、グラグラしたって気にしてはいけません。それがコツです。

 

で、これをいとも簡単にやってしまうお方がございます。

 

 

こちらは後姿ですが、身体を震わせるのもたやすく、です。

 

鳥が片側の羽根と足を一緒に伸ばすあの姿、通称【スサー】。
鳥を飼っている人ならほとんどの方が知っているのではないでしょうか。

動き出す前、飛び立つ前の事前運動ですが、これはイラストレーターの「amycco.さん」が公開したマンガが契機となり、多くの愛好家に広まったと言われています。

%e5%a4%aa%e6%a5%b5%e6%8b%b3stretch2

ふぁさ・・・スサー  スサー

私もインコの飼育経験があるので、このくだりはよく分かります。

 

動物は全般的にそうですが、特に鳥は「視線」に敏感で、レンズを少なからず警戒します。なので、あまり良い動画は取れないようですね。撮り始めるといつもより回数が減ったり、あっさりだったりします。

 

太極拳、形意拳の歩法は「寒鶏歩」というように、武術の動きは少なからず「鳥」のモチーフが含まれていることが多いです。

当会・・・というより多くの王樹金系統は王樹金老師が「いきなり寒鶏歩」にしてしまったので、段階を踏んだ練習法があまりございません(泣)。