冬至 「 一陽来復 」

21日は冬至でした。一年でもっとも夜が長い日。「日短きこと至る(きわまる)」です。

もっとも陽の力が衰える極みでもあり、これからまた陽が回復してくる兆しでもあります。

なので、冬至の事を「一陽来復」とも言います。

卦でいえば「地雷復」。

%e5%a4%aa%e6%a5%b5%e6%8b%b311

一陽来復は「易経」に出てくる言葉です。旧暦10月(新暦11月)はすべて「陰」の気で覆われ、旧暦11月(新暦12月)になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。

旧暦11月(新暦12月)は「子月」でもありまして、陽始であると同時に陰終でもある、混沌とした月でもあります。「モノの終始」のところなので、それはすべての中心・中枢ということです。

そのため、新年が来るという意味の他に、ある種の切り替えポイントでもあるわけです。

 

良くないことが続いている人も、冬至が来たら「これからは良いことがやって来る」と気持ちを切り替えるべきです。そういうきっかけを与えてくれる日でもあるといえるでしょう。

 

長く続いた困窮に差し込む一条の希望の陽光こそが「一陽来復」でありましょう。

 

冬至の前後2カ月間は、伊勢神宮の宇治橋と鳥居のまん中から朝日が昇ります。
それは神々しい光景だそうです。