任せる事

オートバイも興味あるんですが、なかなか手が出ませんねぇ。

オートバイのサイトからの引用ですが、

「オートバイは操作するものじゃ、ない」

・オートバイはライダーがアレコレと操作するものではない
・オートバイは、発明されて以来、それ自体できちんと安全に走る様に改良されて続けているモノ

・ 走る能力は人間とは比較ならない。なので、人間はオートバイ任せで
乗せてもらう位で一番高い能力を発揮する

・だから、オートバイを先生だと思って、乗りながら会話をしてみる。
きっと、色々な事を教えてくれる。

 

「尋ねられる度、そう答えてはみたが、簡単に理解できる筈もない。」

と締めくくられている。

馬と変わらないとも。
(もともとライディングとは乗馬の言葉です)

 

 

武器術はまさにこの通り。

棒、剣に任せるのがもっとも良い。

 

・・・・太極拳も実はそう。

「自分の身体」に任せるのが良い。

%e5%a4%aa%e6%a5%b5%e6%8b%b320110129185506

立禅で自分の身体と会話し、太極拳の型で共同作業をする。

そして対人練習(約束で技をかけてみる)で、考えることなく自分を「信じてみる」。
信じてみるより、「信じた」という過去形の方がよいでしょうか。

%e5%a4%aa%e6%a5%b5%e6%8b%b3139595313_624

 

また、必要以上に「自分の身体」を責める必要はないです。
分からない自分、出来ない自分、いつまでも治らない自分、
病気になってしまう不甲斐ない(自分の)身体・・・的なノリがあると、
何時まで経っても任せることができなくなってしまいます。

太極拳の練習に来ているだけでも大したものだと自分をほめるくらいの
勢いで良いと思います。本当に。

 

 

 

「重心が前足に乗り過ぎています」
「ヘソから動いていませんっ」

それでも講師陣はダメ出しはしますけどね(笑)。