五行と太極拳 めもめも

易教室の後なので。

よく言われているところばかりですが、ご参考にどうぞ。
もっともらしいですが、どちらかというと「後付け」かもしれませんねぇ。

 

〇形意五行拳

劈拳(ぴーちぇん/へきけん):「金気」上下  肺・大腸 「斧、鉈」
鑽拳(さんけん):「水気」曲直(左右)  腎・膀胱「噴き出る水」
崩拳(ぽんけん):「木気」前後  肝臓・胆のう  「木が枝や根を左右に伸ばす」
炮拳(ぱおちぇん):「火気」内外  心臓・小腸   「燃え上がる」
横拳(おうけん/だましけん?):「土気」螺旋  脾・胃「土の凝縮と解放(飲み込み)」

(呼称は教室独自のものです。「だましけん」は小林先生だけですwww)

 

〇太極拳 攬雀尾  (解釈によって異なる可能性あり)

采(ツァイ):「乾」であり「天」。方位隅西北。五行では「金」。

掤(ポン):「坎」であり「水」。方位正北。五行では「水」。

捋(リィ):「離」であり「火」。方位正南。五行では「火」。

擠(ヂィ):「震」であり「雷」。方位正東。五行では「木」。

挒(リュイ):「坤」であり「地」。方位隅西南,五行では「土」。

按(アン):「兌」であり「沢」。方位正西。五行では「金」。

肘(チュウ):「艮」であり「山」。方位隅東北。五行では「土」。

靠(カオ):「巽」であり「風」。方位隅東南。五行では「木」

****

 

別の見解。

「掤(ポン)」:乾であり「天」。金。

「扌履(リィ)」:坎であり「水」。水。

「擠(ヂィ)」:離であり「火」。火。

「按(アン)」:坤であり「地」。土。